自動車保険を比較するメリット

自動車保険は大抵は購入したディーラーに任せてしまうことが多いのですが、自動車保険は毎年かかるもの。
毎年の固定費といっても過言ではありません。
携帯電話の通話料金と同様、毎回かかるものはなるべく安いところが良いですよね。
代理店型の自動車保険は、担当者がやってくれるので楽ではありますが、その反面、コストが若干ためになります。
それは、代理店の手数料や経費が乗っかってくるからです。
それに比べて、通販型自動車保険は、その代理店手数料がゼロなので、その分安くなります。
代理店型自動車保険と通販型自動車保険を比較すると以下のようになります。

>店舗型と通販型の比較<

保険料

メリット

デメリット

代理店型 代理店手数料が含まれるので高め プロのアドバイスを受けながら補償内容を検討できる。
担当者が手続きを代行してくれるので手間を省くことができる。
料金が高め
店舗まで行かないといけないので、複数社選んで比較がしにくい。
通販型 代理店手数料が含まれないので安く済む。 コストが圧倒的に安い。
店舗に出向く必要がない。
複数のサービスから選ぶことができる。
担当者がいない。申込手続きは電話やメールでのやり取りが中心。

 

事故への対応

ロードサービス

見直し

代理店型 担当者が来てれることもある。しかし夜間や遠方は難しい。 標準的 継続がほどんどあまりない。時間がかかる。
通販型 事故直後に現場に保険会社が来ることはない。(会社により可能なところも) 交通費や宿泊費も負担してくれる会社を選べる ウェブで瞬時に数パターン比較できる。
他社との比較も簡単

 

自動車保険見積りでプレゼントをゲットするには

自動車保険を最安値で契約するには自動車保険の一括見積りがおすすめ!

 

でも、さらにプレゼントの特典まで付いていれば最高ですよね!

 

自動車保険の切り替えをお考えであれば、なるべく安い自動車保険への切り替えがいいですよね。
自動車保険の一括見積りでは無料で見積をしてもらえる上に、見積もるだけでプレゼントの特典があるのです。
その特典は、マックカードや図書券、Amazonのギフトカードなどが見積りするだけでプレゼントしてくれます。

 

でも、契約しないとプレゼントの特典はもらないんじゃないの?

 

いやいや、一括見積りサイトは、契約せずとも、自動車保険の見積もりをするだけでプレゼントがもらえるんですよ!

 

無料見積りをすれば、一番保険料が安い会社も見つけられるし、特典ももらうことができます。

 

自動車保険のプレゼントの特典をゲットするには、自動車保険一括見積りサイトを賢く利用すること!

 

この自動車保険一括見積りサイトは、一度の情報入力で、一括で自動保険会社から見積りをもらうことができます。

 

自動車保険会社を切り替えることで、毎年の保険料を安くすることができますから、自動車保険の見直しは必ずやっておいた方がいいでしょう。
そこで便利なのが自動車保険の一括見積りサイトです。
一括見積りサイトのメリットは、自分が提携している保険とどのくらい変わるか比較できるので分かりやすいのが特徴。
自動車保険の一括見積りサイトは、1回の手間で複数の保険会社に一度に一括で見積りができるのが良いところ。
さらに保険料の比較がしやすいのでどこが一番安いのか、サービスがいいのかが分かりやすく便利です。
現在の保険の満期日(契約終了時)前には必ずやっておかないといけませんので、早めに調べておきましょう。
(こちらで見積りをしたからといって必ず契約しなければいけないということではありませんのでご安心ください。)

 

 

楽天 自動車保険一括見積もりの特徴

楽天の自動車保険一括見積りは、大手どころがやっているサービスだけあってサイトの作りも分かりやすくて使いやすいのでおすすめです。入力操作も3分くらいの簡単操作で最大8社から見積もりをもらうことができます。もちろん無料!
楽天自動車保険の特典は、契約せずとも見積りをするだけで500円分の図書カードやギフト券のプレゼントがもらえます。
大手インターネット会社の楽天ですから安心して申込むことができます。
比較結果はメールにてすぐに確認できます。プレゼントは約1〜2週間ほどで「必ず」郵送されてきます。

価格 0円
評価 評価5
備考
 
 

インズウェブ自動車保険の特徴

保険の窓口インズウェブが行っている一括見積りサービス。
業界最多の最大20社の見積りを比較できます。利用者の9割以上がサービスに満足しているということで比較するのに使い勝手も良いサービスです。なんと無料見積りするだけで全員に500円分のマックカードの特典が付いています!
契約するわけでもなく見積りをもらうだけでプレゼントしてくれるキャンペーンをやっているのでお得ですよね。
富士火災海上保険、あいおいニッセイ同和損害保険、AIU保険、損害保険ジャパン、三井住友海上火災保険といった大手も参加しています。

価格 0円
評価 評価4
備考
 
 

保険スクエアbangの特徴

保険スクエアbangでは、最大17社のからの見積りが一括で比較できます。保険会社の数が多いのでそれだけ選択肢が増えるということ。一括見積りサイトでは最も有名なサイトなので評判も良いです。
またサイト内には各社のデータを比較したコンテンツがとてもよく整備されています。こちらの一括見積りを利用して平均で25,000円も安くなったというデータがあります!
こちらの自動車保険の特典は、契約すれば全員にお米3合をプレゼントしてくれます。
どこにするか迷っているのであれば、保険スクエアbangの一括見積もりを選んでおけば、まず失敗はありません。

価格 0円
評価 評価4
備考
 
 

NTTiFの特徴

NTTiFはNTTグループの自動車保険代理店です。最大11社の保険料が分かります。
SBI損害保険株式会社もこちらの自動車保険一括見積りサイトに入っています。こちらのNTTiFで申し込んだ場合、成約しないともらえませんが、アクサダイレクトではマックカード500円、チューリッヒの自動車保険では500円分の図書カード、セゾン自動車火災保険では1,000円分の図書カードがもらえます。

価格 0円
評価 評価3
備考
 
 

ズバット自動車保険の特徴

ウェブクルーの運営するズバット自動車保険は、最大で20社から一括で保険お見積りを無料で比較することができます。
CMや広告で有名なアクサ損害保険、SBI損保、AIU保険など有名なところもあります。
ロードサービスや事故対応なども比較することができます。

価格 0円
評価 評価3
備考
 

 

自動車保険のプレゼントを無料でもらえるので、上記の一括見積りサイトに申し込んでみましょう
複数サイトに見積りをもらえば、たくさん見積りももらえるし、別の一括見積りサイトから2枚もらうことも可能!2枚なら1000円分ですよ

 

自動車保険の保険料は、阻害保険会社によって最大で2倍近い差があるのです。
もし、あなたが各社保険料金を比較せずに、2倍も高い保険料を余分に払ってしまう!
そんなことにならないためにも、各保険会社の料金、サービスを比較して一番安くて特典のある保険会社を選びましょう!

 

自動車保険は、車種、年齢、免許証の色によっても変わってきます。あなたに当てはまる自動車保険かどうかはランキングだけでは当てはまりません。
ネットでの申し込みなので毎年自動車保険の満期を迎える3ヶ月前にメールでお知らせしてくれます。だから、保険が万が一切れてしまって乗ってるなんて危ないことも防ぐことができます。

 

免許証の色や車に乗る条件も毎年変わってきます。そによって保険料が変わってくるので、毎年の見積りをとって最適な自動車保険を選択することができます。

 

自動車保険見積りしてプレゼントをもらえるか実際に申し込んでみました

自動車保険マックカード
実際に楽天自動車保険に申し込んで見ました。
マックカードと図書カード、ハーゲンダッツギフト券から選ぶことができました。
申し込んで2週間ほどで特典の図書カードが送られてきましたよ。
ラッキーです!(30代男性都内在住)

 

 

自動車保険マックカード
楽天自動車保険を見積りしたら、プレゼントのマックカードが送られてきました。1ヶ月程度で忘れて頃にきましたw
子供が小さいのでマックにはよく行くのですが、そこで500円分使えるのが嬉しいですね。
実は毎年自動車保険の見積もりにはネットの一括査定をやっていて、毎年マックカードや図書カートをもらうようにしているんです。
住所やメールアドレスを入力するので、後で勧誘や電話が来ないか心配でしたが全く来ないのでうっとうしくなくていいですね。
(41歳男性横浜市在住)

自動車保険一括見積りの流れ

【一括見積りの流れ】

1、サイトから一括見積りを行います。
2、保険スクエアBang!から完了メールが届きます。
3、保険会社の比較表が届くので確認できます。
4、保険会社からメールや郵送で見積り結果が届きます。
5、最適な自動車保険が見つかります!

保険会社から一切電話が来ないところもあるので、安心ですし、メールでそのまま登録もできる会社もあります。

 

一括見積りサイトを利用して保険料が安くなるというケースも多いのです。最大でも50,000円安くなる方もいるようですから、それだけ年間で変われば家族で旅行などの予算にも使えますよね!

現在の保険会社に乗り換えましたという連絡はしなくてもよいの?

現契約に「自動継続」等の特約があれば、「契約をしない」という意思を表明しない限り、継続されてしまいますのでご確認ください。
保険期間の途中で保険会社を変更するのであれば、今契約している保険会社との契約解約が必要です。

自動車保険の見積り時に必要な書類

見積りをもらうなら以下の書類をお手元に用意してください!

 

自動車保険の見積り時に必要なのは、この3つですのでこれらは準備しておきましょう。

 

車検証
免許証
自動車保険の証券

 

 

また、見積りするために必要な項目は以下となります。

・免許取得日
・自動車保険の有効期間(加入開始と満期)
・車の車種、型式
・ナンバー
・走行距離
・現在の等級
・現在の契約内容(車両保険はあるか、ないかや各補償の掛け金額)
・事故歴

 

>一括見積ランキングに戻る

 

更新履歴